作家の五木寛之さん(77)が、1978年から務める直木賞選考委員を辞任する意向を示していることが19日、分かった。

 同日発行の日刊ゲンダイの連載エッセーで明らかにした。

 五木さんは22日発売予定の「オール読物3月号」(文芸春秋刊)に佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞(こ)う」の選評を書いたが、その中に「間違いがあった」ため責任を取るという。

 同誌編集部によると、五木さんは誤って、佐々木さんの作品中にはない「破顔した」という表現について言及した。文芸春秋側では「見過ごしたのは我々のミス」として慰留している。

民主・小林千代美議員陣営の選挙違反、北教組捜索(読売新聞)
児玉日薬会長が再任へ(医療介護CBニュース)
関大8億円投資実った!大輔賞作る!…在学生78年ぶりメダル(スポーツ報知)
競馬予想の仕方とそっくり? 政治部記者もイメトレで訓練(産経新聞)
<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)