システム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区)による巨額粉飾決算事件で、証券取引等監視委員会は19日、05年6月期決算を粉飾したとして横浜地検に再逮捕された元会長の末貞郁夫(62)=横浜市青葉区=と元副会長の大村紘一(68)=神奈川県藤沢市=の両容疑者を証券取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで同地検に告発した。

 監視委によると、コンピューターメーカー大手「日本IBM」(東京都中央区)などを取引先とする新たな不正取引が見つかり、最終的な売上高の粉飾額は05年6月と06年6月の両期で274億円となった。

【関連ニュース】
ニイウスコー粉飾:日本IBMを強制調査 証券監視委
売上高水増し:容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕
ニイウスコー:元会長ら再逮捕へ 05年決算も粉飾容疑
日本IBMグループ:4000億円申告漏れ…争う姿勢
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検

【一筆多論】石井聡 自民の財政危機直視を(産経新聞)
梅 偕楽園の3000本が満開 水戸(毎日新聞)
日銀追加策に期待感=仙谷国家戦略相(時事通信)
<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)
【揺らぐ沖縄】「少数の反対意見、独り歩き」(産経新聞)