27日午前1時10分ごろ、大阪市北区堂山町の雑居ビル1階にあるキャバクラ店に男2人が侵入し、無言で店内にいた店長(36)を素手で数分間殴り、カウンターにあった売上金約16万円と店長の財布(約6万円在中)を奪って逃げた。大阪府警曽根崎署は強盗致傷容疑で2人の行方を調べている。

 同署によると、店長は鼻の骨と肋骨(ろっこつ)を折る重傷。店には当時、閉店作業中の店長1人だけだった。2人はいずれも黒い服を着て目出し帽をかぶっていた。1人は身長170センチくらいだったという。【曽根田和久】

【関連ニュース】
強盗:ホテルで従業員縛り400万円奪う 埼玉・本庄
裁判員裁判:全国初の区分審理 懲役6年6月の判決 大阪
強盗:エステ店に2人組、経営者ら縛り財布など奪う 茨城
殺人未遂:容疑の男逮捕 警察官にシンナーかけ火 名古屋
強盗:ビデオ販売店で14万円奪い男逃走 大阪

出張ヤギさんが園児とふれあい(産経新聞)
<訃報>山村若晴司さん67歳=日本舞踊家(毎日新聞)
【新・関西笑談】さらば火の玉流(3)将棋棋士九段 有吉道夫さん(産経新聞)
宮崎の牛、口蹄疫疑い2例目(産経新聞)
元投資顧問の大島被告に実刑=神奈川歯科大の詐欺事件-横浜地裁(時事通信)