山口県上関町で原発計画を進める中国電力は23日、09年12月に国に申請した原子炉設置許可の説明会を同町祝島で開こうとしたが、反対派の島民約170人の阻止行動で中電社員は下船できず、説明会は中止になった。82年に原発計画が浮上して以来、反対運動が続く祝島に社員が公式に上陸したことはない。

 原発建設予定地の約4キロ沖にある祝島の桟橋では「原発反対」ののぼりを立て、反対派の女性らが「海は売っていません」などと書いたプラカードを持って待ちかまえた。中電社員が定期船を下りようとすると、島民たちは出入り口をのぼりや旗でふさいだ。

【関連ニュース】
食と農の映画祭:「原発NO!」 自然の恵み、販売通じ--広島・中区 /広島

女児にわいせつ行為、米国人の69歳男起訴(読売新聞)
普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング-民主(時事通信)
石井浩郎氏初演説は聴衆8人 寒風の中街頭デビュー(スポーツ報知)
将来はヴィンテージも 本格派「ノンアルコールワイン」の実力は?!(産経新聞)