三重県桑名市の元環境政策課長の太田耕史被告(54)が、業者や知人女性から現金をだまし取ったとされる詐欺事件で、太田被告が数年前から、馬券やロト6、ナンバーズなど数種類のくじを、月に約35万円分も買っていたことがわかった。

 太田被告の給料の手取り分とほぼ同額で、愛知県警は、太田被告が膨らんだ借金を返済するため、ギャンブルやくじに金をつぎ込んでいたとみている。

 捜査関係者によると、太田被告は、調べに対し、「(借金が膨らみ)一獲千金を夢見て、馬券やくじを買っていた」などと供述。ほぼ毎月、名古屋市中川区のウインズ名古屋で馬券を約25万円分、ロト6やミニロト、ナンバーズ、ジャンボ宝くじなどのくじを約10万円分購入していたという。

「御柱」倒れ、4人下敷き=頭を強打、1人死亡-長野(時事通信)
<訃報>はやし家林蔵さん67歳=落語家(毎日新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」-奈良(時事通信)
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円-山形県警(時事通信)
医療機関による外国人受け入れを支援-JTB(医療介護CBニュース)