北海道内の炭鉱で働き、じん肺になった患者や遺族が、国に対し1人当たり1150万円の賠償を求めた新北海道石炭じん肺訴訟第3陣のうち、国が損害賠償請求権の消滅時効を主張した15人(4人死亡)に対する判決が26日、札幌地裁であった。中山幾次郎裁判長は消滅時効の経過を認めず、1人当たり477万~917万円を支払うよう国に命じた。
 原告15人について、消滅時効(3年)の期間が経過しているかが争点となった。 

【関連ニュース】
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携

<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
都内で「初日の出暴走」少年ら7人逮捕(読売新聞)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か-京都・舞鶴(時事通信)
国家公安委員長、議員宿舎キーを女性に貸与報道(読売新聞)
抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬(医療介護CBニュース)