1日午後2時55分ごろ、米シカゴ発のユナイテッド航空881便(ボーイング747-400型)が成田国際空港A滑走路に着陸した際、タイヤから多量の白煙が上がった。滑走路を閉鎖し点検したが異常は見つからず、約10分後に滑走路は再開された。同機は自力走行で駐機場に入り、乗客乗員348人にけがはなかった。

 国土交通省成田空港事務所などによると、管制官が白煙を確認して消防などへ緊急通報したという。火災は確認されておらず、タイヤにも異常はなかった。

【関連ニュース】
貨物機炎上:事故から1年 成田で追悼行事
国内空港:甘い需要予測…達成75分の8、成田も43%
成田空港:団結小屋の撤去を命令、地上権認めず…千葉地裁
乱気流:成田行きUA機巻き込まれ18人重軽傷
外国人遺体:成田着デルタ機の主脚格納部に 密航目的か

メッセンジャー黒田さん活動再開(時事通信)
<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)
刃物3本31歳男、路上で大捕り物 警察官を切りつけ(産経新聞)
北海道駒ケ岳 一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)
<囲碁>挑戦権獲得目指し対決 本因坊戦リーグ最終戦(毎日新聞)