2009年2月の北九州市議選をめぐる偽投票用紙事件で、詐欺と公職選挙法違反(買収、投票偽造)の罪に問われた、落選候補の山田国義被告(74)に対する判決公判が7日、福岡地裁小倉支部であり、重富朗裁判長は懲役4年(求刑4年6月)の実刑判決を言い渡した。
 重富裁判長は、偽用紙を使ってだまし取った正規用紙で投票した点などについて、「選挙の公正と自由を著しく害するものであり、厳しい社会的非難を免れない」と指摘。捜査段階から否認を続けたことに「改悛(かいしゅん)の情はみじんも認められない」と述べた。 

【関連ニュース】
落選候補に連座制適用=北九州市議選の偽投票紙事件
落選候補に連座制適用求め提訴=偽投票用紙事件

「現有11議席確保が党再建の証し」公明代表(読売新聞)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?(産経新聞)
平沼氏「民主党政権はこの国をダメにする」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
偽一万円札使用容疑で夫婦逮捕=23枚流通、関連捜査-新潟県警(時事通信)