平野博文官房長官は13日午後の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が消費税などの増税を掲げて次期衆院選に臨むべきだと語ったことについて、「時期尚早の議論だ」と述べ、現時点での増税論議に否定的な考えを示した。
 平野長官は、消費税引き上げの議論に入れば「無駄遣いをいかになくしていくかというエネルギーが途中で止まる」と指摘。「議論まですべきではないとは言わないが、(争点に)掲げて戦いますという議論は時期尚早だ」と強調した。 

京都府知事選、現職・山田啓二氏が3選確実(読売新聞)
両親刺し母死なす、長男「働くように言われ」(読売新聞)
割引財源で高速道建設=財政特措法改正案審議入り-衆院(時事通信)
福祉用具の利用者の声を収集―テクノエイド協がサイト開設(医療介護CBニュース)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)