北海道小樽市のグランドパーク小樽で11日から行われた第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第1局は12日午後8時22分、297手で羽根直樹本因坊(33)が挑戦者の山下敬吾天元(31)に黒番3目半勝ちした。残り時間は両者2分。第2局は26、27の両日、福岡県久留米市のふかほり邸で行われる。

 羽根が持ち前の粘りで逆転勝ち。3連覇に向けて好発進した。

 羽根は黒75と白の大石に厳しく迫った。山下はさばきながら白90と下辺の黒に踏み込む。戦いは白118までで一段落。黒121から寄せ勝負に入った。

 その直後、白122が狙いを秘めていた。黒125に対し、白126から128がカウンターパンチ。羽根は黒129と反発したが、山下が黒125以下の石を大きく取り込んで勝勢となった。

 しかし、羽根は黒143と勝負手を放ち、死活が絡む乱戦に持ち込む。そして、大きなフリカワリで勝利をつかんだ。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣
囲碁:早慶、15回の授業で単位取得

<石原都知事>性的漫画販売規制の条例案…「文言修正を」(毎日新聞)
カキツバタ 雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
実弟に成り済ました男逮捕 郵便局から融資金詐取 (産経新聞)
<日本創新党>基本政策を発表(毎日新聞)
【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)