Jリーグの湘南ベルマーレ(神奈川県平塚市)と国際支援NGOのピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部・東京都港区)はファンや市民から集めたサッカーボールを、東ティモールの子どもたちに贈る。

 サッカーボールを贈るプロジェクト「希望のボールプロジェクト」で03年に湘南ベルマーレが始めた。これまでナイジェリアやインドネシアなど5カ国に約500個のボールを贈った。今年は、カメルーンなど4カ国に約200個を贈る。東ティモールには、湘南ベルマーレの試合で呼びかけるなどして集まった101個を約15校の小中学校に配る。すでに配布した中学校の子どもたちからは「日本からの思いがけないプレゼントでとってもうれしい! 5月ごろに雨期が終わって、思いっきり遊べる季節が来るのが楽しみです」と喜びの声が届いているという。5月中に配り終える予定。

 東ティモールは、02年5月に独立した。インドネシア・バリ島の東に位置するティモール島東部の小さな国で、アジアの最貧国といわれる。

【関連ニュース】
東ティモール:ASEAN加盟の意向表明 大統領が東京で
<世界の旗から>東ティモールの旗

「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告へ(産経新聞)
「厳しい状況、お互い頑張って」小沢氏に首相(読売新聞)
山中に犬の死骸100匹=ペット処理業者、不法投棄か-埼玉(時事通信)
車内に雑然と可燃物=紙くずなどに引火か-4児死亡火災・北海道(時事通信)
<リコール>日産、セフィーロなど5車種計2万5024台(毎日新聞)