政府の緊急雇用対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)は11日、「セーフティ・ネットワーク実現チーム」の初会合を開いた。本部長代行の菅直人副総理兼財務相は席上、長期失業者を対象に就労と生活再建を支援する「パーソナル・サポーター」制度を検討する考えを表明した。
 同チームはサポーターの担い手として地域のNPO法人などを想定、その活動を国や自治体が支援する。英国で1990年代後半に始まった「パーソナル・アドバイザー」制度を参考にしており、年内に複数の都市で試験的に実施する方向だ。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】中東初のクラシックカー品評会
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

「患者中心の医療は、患者が主役となるカリキュラムから」(医療介護CBニュース)
B型肝炎訴訟で閣僚会合=和解協議に向け詰め-政府(時事通信)
百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
県内移設まで40数カ所検討=官邸入りで「認識新たに」-鳩山首相(時事通信)
<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)