オウム真理教(現アレフ)の荒木浩広報部長は9日、東京都内で記者会見し、警視庁が国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件に教団信者が関与したとの捜査結果概要を公表したことについて、都公安委員会に苦情の申し出をしたことを明らかにした。
 荒木部長によると、アレフは先月31日、ホームページから捜査結果概要を削除するよう警視庁に要請したが、断られたため、警察法に基づき申出書を提出した。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
長官銃撃事件の検証開始=問題点洗い出しへ
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

元県職員2人に逮捕状=不正経理で私的流用-神奈川県警(時事通信)
「産みたいけれど、教育費不安…」幼稚園でもこんなにかかる(産経新聞)
防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
<海賊>東アフリカ沖で日本関係船に発砲 航行には支障なし(毎日新聞)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)