【ワシントン=小川聡】鳩山首相に同行して訪米した佐野忠克首相秘書官が14日、米国務省のスタインバーグ国務副長官と会談することがわかった。

 米国務省が13日夜、発表した。

 佐野氏は首相の政務担当の秘書官。沖縄県の普天間飛行場移設問題に当初からかかわり、移設先を最終決定するために最近作られた内閣官房と外務、防衛両省の実務者による作業チームにも加わっており、会談で普天間移設問題について協議するものとみられる。

 国務省ナンバー2のスタインバーグ副長官が会談相手を務めることは、米側がこの会談を重視していることを示している。

「たちあがれ日本」 再編の核、要は参院選 「保守」「若手」…結束カギ(産経新聞)
日航 リストラ案を策定 二次破綻、回避なるか(産経新聞)
星川清司さん、08年に死去=実は5歳年長で直木賞受賞最高齢に(時事通信)
武田薬品、新製品5品目の承認を取得(医療介護CBニュース)
橋下氏、大阪市長に転身?「可能性ゼロではない」(読売新聞)