宮内庁は22日、寛仁(ともひと)親王殿下の長女彬子(あきこ)さま(28)が哲学博士の学位を取得したと発表した。皇族の博士号取得は、秋篠宮さまの理学博士に次いで2人目。

 同庁によると、彬子さまは19日に英オックスフォード大マートン・カレッジで博士号の口頭試験を受けていた。博士論文の趣旨は「19世紀から20世紀にかけての大英博物館での日本美術収集と展示の事例から、英国人の日本美術観がどのように変化していったかを明らかにした」という。

 また、彬子さまが同大の留学を終えて31日に帰国することが、22日の閣議で報告された。彬子さまは04年10月から5年4カ月間、留学していた。

大阪・槙尾川ダム 「100年に1度の大雨」想定なら 総事業費866億円(産経新聞)
【視点】都予算原案 生活に戦略的投資(産経新聞)
社会医療法人認定進まず 制度発足から2年「壁」高く(産経新聞)
国産「バイオ後続品」を初めて承認(医療介護CBニュース)
<参院選>社民党が埼玉、大阪選挙区に公認候補(毎日新聞)