鳥取県米子市で会計事務所社長ら2人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われ、鳥取地裁の裁判員裁判で無期懲役の判決を受けた元部下の影山博司被告(55)の弁護人は15日、同罪の成立を認めた判決を不服として控訴した。
 弁護人を務める杉山尊生弁護士は「結論の無期懲役に不服があったわけではないが、強盗目的とした事実認定が了承できない」としている。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
時効撤廃法案を閣議決定=6月施行目指す
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人

<氷見市長選>堂故茂氏が無投票で4選 富山(毎日新聞)
ネット選挙、首相が早期解禁に期待=亀井氏「企業献金禁止は民主だけで」(時事通信)
<座礁>フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)
<札幌ホーム火災>居間のストーブから洗濯物に引火か(毎日新聞)
<希望留年制度>大学公認、「新卒」で就活に再チャレンジ(毎日新聞)