福岡市西区能古の能古島の海水浴場で15日に発見された遺体の一部は16日、同市博多区堅粕5、会社員諸賀(もろが)礼子さん(32)のものであることが、福岡県警西署の捜査本部の調べでわかった。

 諸賀さんは今月6日から行方がわからなくなっていた。捜査本部は諸賀さんが殺害された後に切断され、海中に遺棄されたとみて捜査している。

 捜査本部によると、諸賀さんは一人暮らし。6日朝、会社の同僚が諸賀さんのアパートを訪ねたところ、玄関ドアは施錠され、不在だった。携帯電話もつながらないという。

 室内には財布が残され、荒らされた形跡はなかったが、ベランダの窓ガラスが内側から割れていた。目立ったトラブルはないといい、会社の関係者は「失跡する理由はないと思う」と話していた。

 遺体は15日午後、能古島の北東部にある海水浴場で見つかった。砂浜に打ち上げられており、死後、1週間から10日とみられる。へそ下の部分と両足の付け根部分の計3か所が、鋭利な刃物で切断されていた。さらに500円硬貨ほどの大きさのあざが3~5か所あった。殴られた跡のように青紫色になっていたという。

<掘り出しニュース>酒気帯び運転容疑者、パワーショベルで逮捕(毎日新聞)
ダイヤモンドで覆われたきらびやかなiPadが販売予定
Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
グループホーム火災で厚労省が職員派遣(読売新聞)
<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)