12日の衆院内閣委員会で転倒し、右足を負傷して注目を集めた民主党の三宅雪子衆院議員(45)が16日、5日ぶりに自身のブログを更新。「負傷した上にパフォーマンスだなどと、いわれなき批判も受け、本当に驚き、かつ悲しく思っています」などと心境をつづった。

 民主党は、三宅氏の転倒の原因を自民党の甘利明前行革担当相(60)とし、甘利氏の懲罰動議を衆院に提出している。三宅氏は名指ししていないが「その場で一言、謝罪があれば済んだ話」と指摘。

 さらに「自民党の議員が私とエレベーターで同乗した際、自分で転んだと語ったとホームページに書かれていますが、そのような事実はありません」とも記した。馳浩衆院議員(49)のブログを指しているとみられる。

 【関連記事】
民主の懲罰動議に自民・甘利氏「はめられた」
転倒の三宅雪子衆院議員、車いすで国会
三宅議員の転倒で応酬!進次郎氏「暴力行為は一切なかった」
進次郎氏“修羅場”もみ合い、転倒、けが人も!

NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
不審火、バイクなど4台焼く 大阪(産経新聞)
郵政法案、18日審議入り=自民は反発(時事通信)
4時間半…何も語らず走り去る 小沢氏3回目の聴取(産経新聞)
普天間、手順に注文=社民・福島氏(時事通信)