日本鯨類研究所によると、南極海で反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の監視業務にあたっていた調査船「第2昭南丸」(712トン、小宮博幸船長)が、日本時間15日午後8時半ごろから午後10時20分ごろにかけて、SSの抗議船「ボブ・バーカー(BB)」号に搭載されたゴムボートから、発煙弾を投げられたり、スクリューを狙って繰り返しロープを投げ込まれるなどの妨害を受けた。第2昭南丸の船体に被害はなく、乗員約20人にけがはなかった。

【動画で見る】ゴムボートに乗った活動家が第2昭南丸に向けて発煙弾

 第2昭南丸は、先月から数回にわたりSSの抗議船から薬品入りのびんを投げ込まれたり、レーザーとみられる緑色の光線を照射されたりするなどの妨害を受けた。6日にはSSの抗議船「アディ・ギル(AG)」号と衝突し、AG号が大破している。【デジタルメディア局】

【関連ニュース】
【動画で見る】ゴムボートに乗った活動家が綱を流す
【写真で見る】SS妨害船と第2昭南丸が衝突
【衝突の瞬間を動画で】SS妨害船と第2昭南丸が衝突
【動画で見る】衝突後、漂流するAG号

「年収制限撤廃と数次ビザ」中国人外国客誘致でビザ緩和策(産経新聞)
東京招致に改めて意欲=長崎市断念の20年五輪-石原都知事(時事通信)
インドネシア人看護師候補者らの受け入れ条件改善を提言(医療介護CBニュース)
松木、樋高両衆院議員が石川容疑者の元秘書告訴を表明(産経新聞)
<鳩山首相>米議員が書簡「海兵隊グアム移転着実に」(毎日新聞)