全国で裁判員裁判の日程が最後まで未定だった新潟地裁で22日、覚せい剤密輸事件の公判期日が決まった。実施対象の全国60カ所の地裁(支部を含む)で、裁判員裁判の審理が開かれることになった。
 審理されるのは、覚せい剤取締法(営利目的輸入)違反などの罪に問われたロシア人船員の男(42)。公判期日は3月16日~25日のうち6日間。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

ハイテク捜査最前線 解析技術向上、情報共有も(産経新聞)
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携-阪神大震災経験教訓に(時事通信)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
首相「偽装献金事件、決着した」…衆院代表質問(読売新聞)
男女、5回目の逮捕=不審死、窃盗事件後立件へ-「もみ合いになった」・鳥取県警(時事通信)