環境省は20日、新潟県佐渡市で放鳥され、ひなの誕生が期待されていたトキのペアの巣をカラスが襲い、卵2個を持ち去ったと発表した。巣には他に卵が残っていないとみられ、同省は「このペアからのひな誕生は難しい」としている。ただし、同市では27日以降にひなの誕生が見込まれているペア(雄4歳、雌2歳、ともに09年放鳥)が1組おり、今季の繁殖の可能性は残っているという。

 同省によると、巣を襲われたペアはともに4歳で08年放鳥の雄と09年放鳥の雌。20日午前7時35分ごろ、カラスが3回にわたって親鳥のいない巣を襲い、最初の2回で卵を1個ずつ持ち去ったという。早朝から、雌が巣に座り込んで卵を温める「抱卵」が観察されていたが、同5時25分から同8時ごろまで巣を離れており、この間に襲われた。放鳥トキのペアを巡っては、これまでも2組の巣がカラスに襲われている。【畠山哲郎、川畑さおり】

【関連ニュース】
<関連写真特集>トキが卵を捨てる様子を連続写真でみる
<写真特集>トキもいろんな鳥も 毎日動物園・鳥類別館
<関連写真>放鳥されるトキ
<関連記事>佐渡・放鳥トキ日記:雄が何か捨てる--4歳ペア /新潟
<関連記事>放鳥トキ:秋田に雌1羽飛来…これまでの飛来地で最北

小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部(産経新聞)
<地籍調査>過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ(毎日新聞)
<降雨>東海地方、24日夕にかけ強い雨(毎日新聞)
臓器移植・提供の普及啓発促そう―「Gift of Lifeプロジェクト」発足(医療介護CBニュース)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)