節分に丸かじりする縁起物の巻きずし「招福巻」を商標登録している大阪市中央区の老舗すし店「小鯛雀鮨(こだいすずめずし) 鮨萬」が、「十二単(ひとえ)の招福巻」の名称で巻きずしを販売した大手スーパー「イオン」に、名称使用の差し止めと約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が22日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、商標権侵害を認めて使用差し止めと約51万円の支払いを命じた1審大阪地裁判決を変更、鮨萬側の請求を棄却した。

 鮨萬は昭和63年に商標登録。「招福巻」が節分用巻きずしの商品名として普通名称かどうかが争点となり、1審判決は「招福巻」が広辞苑に収録されていないなどとして「普通名称とはいえない」と結論づけた。

 これに対して塩月裁判長は「遅くとも平成17年以降は多くのスーパーで『招福巻』の名称が用いられ、特定の業者の商品と認識する者はいなくなっていた」と指摘。「招福」は11年発行の新辞林に記載されているほか、広辞苑にも20年発行版から載っているとして、「『招福巻』は巻きずしを示す商品名として、遅くとも17年には普通名称になっていた」と認定した。

 イオンは「当社の主張が認められたと理解している」とコメントしている。

【関連記事】
偽装請負訴訟でパナソニック側の事実上の逆転勝訴確定 最高裁
女性側の逆転勝訴が確定 「兼松」の男女賃金格差訴訟
「行列の…」住田弁護士の逆転勝訴確定 ダイエット記事名誉棄損
成績表提出はプライバシー侵害にあたらず 早稲田中など逆転勝訴
「週刊現代」記事訴訟で講談社逆転勝訴 広告は「刺激的・誇張的」

日米安保改定50年 同盟むしばむ普天間問題(産経新聞)
稲嶺、島袋氏が届け出=普天間移設の受け入れ争点-名護市長選(時事通信)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
「ガス検査です」独居女性宅上がり込み窃盗 警視庁が容疑の男を逮捕(産経新聞)
関西2府5県広域連合誕生へ 「道州制」モデルケースに発展か(J-CASTニュース)