佐賀市で07年、知的障害のある安永健太さん(当時25歳)が警察官5人に取り押さえられた直後に死亡した事件で、遺族や支援者らが16日、国会内で集会を開き、議員や障害者の家族らを前に真相解明を訴えた。

 安永さんの死亡を巡っては、遺族が「警官の暴行が原因」として佐賀地検に特別公務員職権乱用等致死の疑いで告訴したが、同地検は警察官5人を不起訴とした。遺族は佐賀地裁に付審判請求し、同地裁は昨年3月、警察官1人について特別公務員暴行陵虐罪(のちに同暴行陵虐致傷罪に変更)で審判を開くことを決定した。

 安永さんの父孝行さん(48)は「県警の説明は何度も変わった。(暴行を)目撃したが証言できないという人もいて悔しい」と訴えた。

【関連ニュース】
選挙:参院選・佐賀選挙区 民主県連、新人・甲木氏を擁立 /佐賀

防衛大綱の有識者懇、座長に京阪電鉄・佐藤氏(読売新聞)
【from Editor】テロで失われる命の尊さ(産経新聞)
<万歳三唱>「公式の所作なし」の答弁書、政府が閣議決定(毎日新聞)
「連隊長発言」再発防止へ、防衛相が指導(読売新聞)
1人当たり県民所得305万円=4年連続で増加-07年度(時事通信)