大阪府河内長野市のマンションで女性が殺害され、現金などが奪われた事件で、強盗殺人容疑で逮捕された知人の男が「借金を返せないと謝るとなじられた」と動機を供述していることが20日、府警捜査1課への取材で分かった。

 府警によると、男は住所不定、無職、城田修一容疑者(23)。被害者の女性は無職、安田百合さん(42)。城田容疑者は1月15日深夜から翌16日未明にかけ、マンションで安田さんと一緒に酒を飲んでいた際になじられた。

 当時の様子について城田容疑者は「安田さんを酒に酔わせ、寝たところを一升瓶で殴った。目を覚ましたので浴槽に沈めた」と供述しているという。

 ただ、安田さんの室内から一升瓶の破片などは見つかっておらず、府警が殺害方法を詳しく調べる。

 城田容疑者は昨年9月ごろから同市内で借りていたマンションの家賃を滞納、消費者金融には約60万円の借金があった。安田さんにも借金があり、さらに借金を申し込むメールも送っていたという。

【関連記事】
マンション女性変死 強盗殺人で知人の男を逮捕 大阪・河内長野
惨劇への伏線幾度も…悔やみきれぬ関係者 石巻3人殺傷事件
千葉大女子学生放火殺人 強盗殺人と放火容疑で男再逮捕
自室で腹刺され女性重傷 殺人未遂容疑で捜査、岐阜
女性殺害の起訴内容認める 静岡地裁支部で裁判員裁判

光琳「紅白梅図屏風」 金箔、再調査で検出(産経新聞)
小沢氏らの国会招致など申し入れ 衆院議長に野党4党(産経新聞)
小沢氏 「国民の支持は得られる」と潔白を強調  (産経新聞)
網走監獄 設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」(産経新聞)