自民党の大島理森幹事長は9日午前の記者会見で、民主党が田村耕太郎参院議員の入党により、参院で同党の統一会派が単独で過半数(議長を除き121議席)の勢力を確保したことについて「社民党や国民新党がどういう心理的影響を持つのか推移を見たい」と述べ、連立政権を組む3党間の力のバランスが変化するかどうかを注視していく考えを示した。

【関連記事】
参院過半数確保で平野氏「あくまでも連立」
みんな「小沢」に右往左往 夏の参院選に照準
民主入り・田村参院議員のつぶやきがネット上で騒然
社民・照屋氏「石川被告は自発的辞職を」
鳩山首相、「普天間継続使用」否定 社民に振り回される安保

<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)
「誇り持って任務遂行」 ハイチPKO、陸自宇都宮駐屯地から先遣隊(産経新聞)
翌年度納入・差し替え…横浜市不正経理3億円(読売新聞)
認知症の人が安全に外出できる環境の整備を(医療介護CBニュース)
<鳩山首相>小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)