前原誠司沖縄・北方担当相は7日、那覇市内のホテルで、仲井真弘多知事ら県幹部と、沖縄振興計画や観光政策などで意見交換した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題でのやりとりはほとんどなく、県内移設案の浮上にいらだつ仲井真氏は「どういう方向でまとまっていくのか、まとめようとしているのかを含め力も借りたい」と求めた。だが前原氏は「情報を持ち合わせていない」と応じるにとどめたという。終了後、前原氏は記者団に「まとまった段階で沖縄担当の私に話があるのかないのか、その点を踏まえて動く」と語った。【西田進一郎】

【関連ニュース】
米国務次官補:普天間協議「柔軟に」…現行計画ベスト不変
普天間移設:シュワブ沿岸部なら野党に…国民新・下地氏
普天間移設:県内の場合、自治体に振興策…前原氏
普天間:検討委を8日に開催 社民、国民新両党要請に一転
岡田外相:米国務副長官と会談 イラン核での連携で一致

普天間移設、防衛相に「県外」要求…沖縄県議団(読売新聞)
介護報酬1800万円不正請求、2事業所指定取り消し―福岡(医療介護CBニュース)
<脅迫文投げ込み>トイレなどに9回 容疑の大学院生逮捕(毎日新聞)
参院福島に新人擁立=みんなの党(時事通信)
過大報酬、弁護士を懲戒処分=業務停止4カ月-愛知県弁護士会(時事通信)