ハイチ大地震の救援活動のため、北沢俊美防衛相は18日、国際緊急援助隊の自衛隊部隊の派遣準備をするよう各幕僚長らに指示した。地震による被害が依然として極めて深刻な状況のため、防衛省は医療分野などの自衛隊派遣について準備を始めた。平野博文官房長官は同日午後の会見で、追加支援の規模について「70~80人か、確定していないがそれぐらいの規模だと思う」との見解を示した。

 また、外務省などの医療チームを18日未明、米マイアミからハイチまで運んだ航空自衛隊のC130輸送機はその後、ハイチにいた米国人の被災者34人を乗せて米国に戻った。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:政府、医療チームを派遣
ハイチ大地震:「日本の経験を伝えて」…国連防災担当
ハイチ大地震:遺体の山、尊厳なく 廃棄物に交じり
ハイチ大地震:国連の食料配布に被災者が殺到
ハイチ大地震:JICA医療チームが到着 本格救援開始へ

経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)
関西元気文化圏賞の大賞に「水都大阪2009」(産経新聞)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)
<共産党大会>志位委員長を再任 市田書記局長も(毎日新聞)
可視化、冷静な議論必要=公明代表(時事通信)