杉並区大宮の区立郷土博物館では、館内にある古民家裏の稲荷(いなり)社で、「初午(はつうま)」の飾り付けを展示している。

 初午は立春を迎えて最初の午の日に、稲荷神をまつる地域の稲荷社などに、のぼり旗やだじゃれを書いたあんどん「地口行灯(じぐちあんどん)」などを飾り、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛などを願った年中行事。

 郷土博物館は「区内には稲荷神をまつる神社が6社あった。地域に伝承された初午行事を区民に見てもらい、伝えていきたい」としている。14日まで。

さっぽろ雪まつり 来場者が過去最高 11日終了(毎日新聞)
NHK評価委員会が指標作成(産経新聞)
外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要(産経新聞)
「衣類」の落とし物、過去最多=「傘」抜き品目別でトップ-東京(時事通信)
合成麻薬使用の歌手・詩音被告に刑猶予 横浜地裁(産経新聞)