プロ野球阪神タイガースの元選手で野球解説者の掛布雅之さん(55)の経営する会社が、借入をめぐって大阪市のコンサルタント会社から約1億5千万円の支払いを求められた訴訟の控訴審判決が14日、大阪高裁であった。西村則夫裁判長は「請求は理由があり認容すべき」として、全額の支払いを命じた1審大阪地裁判決を支持、掛布さんの控訴を棄却した。

 掛布さんをめぐっては、金融機関が大阪府豊中市の自宅の競売を申し立て、大阪地裁が3月末に競売開始を決定している。

【関連記事】
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
掛布氏、独演会にゲスト出演も競売問題語らず
借金地獄・掛布氏の懐事情 栄光の財産も売り払い
掛布氏の豪邸競売に…差し押さえ3度目で 週刊朝日が報道
掛布氏「記憶がないんです」 借金訴訟控訴審
少子化を止めろ!

TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
石原知事「鳩山大先生が知ってらっしゃるか知らないが…」(産経新聞)
徳之島関係者と会談、平野長官12日に鹿児島へ(読売新聞)
太地町民の水銀濃度「全国平均の4倍」 「健康被害」大丈夫なのか(J-CASTニュース)
民主議員発言で米側混乱 「地元賛成」とウソ 政府断念の伊江島案(産経新聞)