NHKは25日、NHK視聴者コールセンターの担当者が、政治資金規正法違反事件にからみ、検察からのリークがあるのかとの視聴者からの問い合わせに「あり得る」などと回答していたと発表した。NHKは、この発言は担当者が思い込みで自らの考えを述べたもので、不適切だったと判断。今月22日に担当者との契約を解除した。

 NHK広報局によると、今月16日の教育テレビ「NHK手話ニュース」で、政治資金規正法違反事件で逮捕された石川知裕容疑者が「容疑事実を認めた」との内容を放送。この番組を見ていた視聴者からコールセンターに、「地検のリークはあるのか」との問い合わせが入り、担当者が「リークはあり得る」などと答えていた。

 担当者はNHKの元職員で、報道現場の取材経験はなく、「捜査機関の発表もリークも似たようなものだと思い、今回の対応をしてしまった」などと釈明したという。

 NHKで内部記録をチェックしていた際に発覚した。広報局では「視聴者の皆さまに深くおわびいたします。再発防止に向け、指導を徹底してまいります」とコメントしている。

【関連記事】
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 
鈴木宗男氏また検察批判「公平ではない」
「リーク記事しか書かないマスコミ」公安委員長が批判
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず

水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
警察庁長官、平岡さん事件の捜査本部を激励(読売新聞)
<文化財防火デー>本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定-北海道警(時事通信)
足利事件再審 菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)