超党派の国会議員らによる新憲法制定議員同盟(会長・中曽根康弘元首相)は25日、国会内で会合を開いた。中曽根元首相は「新憲法制定は戦後政治の大義の一つであり、10年、20年かかる大事業だ。現憲法の長所を生かしつつ新しい時代に即応した国民憲法をつくるため、雨が降っても風が吹いてもがんばっていきたい」と決意を語った。

 会合は、昨夏の衆院選以降開かれていなかったが、民主党議員約20人がメンバーに加わり、活動を再開。4月28日に憲政記念館で「新しい憲法を制定する推進大会」を開くことを決めた。

【関連記事】
園部元最高裁判事が衝撃告白、参政権判決「政治的配慮あった」
外国人参政権法案は違憲 理論的支柱が自説撤回
鳩山首相、女系天皇「時間をかけて国民とともに議論すべき」
合憲だが「大きな不平等」 一票の格差で最高裁判断
小沢氏擁護 鳩山首相「検察への圧力ではない」

防犯ネットでひったくり阻止=ワースト返上へ犯罪マップも-警視庁と足立区(時事通信)
雑記帳 江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
別会社株でインサイダーの疑い=相場操縦事件の会社役員-大阪地検(時事通信)
池田でひき逃げ 男性死亡(産経新聞)
公共的施設の全面禁煙要請を全国自治体に通知 厚労省(産経新聞)