青森県五所川原市の公立金木病院で2008年6月、70歳代の女性患者に薬を間違えて投与し死亡させたとして、県警五所川原署は17日までに、業務上過失致死容疑で、同病院の30歳代の男性医師らを書類送検した。
 送検容疑は08年6月、肝硬変の女性患者に対し、利尿作用のある治療薬「アルマトール」を投与するべきだったのに、誤って血糖降下剤「アマリール」を投与して、同年7月に死亡させた疑い。
 同病院は薬の誤投与と患者死亡の因果関係を認め、遺族と和解が成立している。医師は昨年4月に退職した。 

【関連ニュース】
グループホーム火災、7人死亡=「ストーブから火」
刑務官8人を不起訴=腹痛訴えた受刑者死亡
ゴルフ場で生き埋め、1人死亡=水道工事中、掘った穴に
元理事長、業過致死罪で起訴=山本病院事件
山本病院事件、容疑者が死亡=留置場で突然倒れる

<栃木遺体遺棄>2被告を逮捕監禁致死で追起訴 鹿児島地検(毎日新聞)
<自宅放火>心神喪失認めず有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
山形・蔵王で雪崩遭遇の男性、心肺停止で発見(読売新聞)
最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)
山崎直子宇宙飛行士 11年の集大成…4月にシャトル搭乗(毎日新聞)