朝日新聞社は大分、佐賀両県で発行している夕刊を3月末で廃止する。10日付朝刊の社告で発表した。「読者のライフスタイルや要望の変化」に伴う対応で、夕刊掲載のコラムなどは朝刊に掲載するとしている。日本ABC協会によると、同社の両県の夕刊部数は昨年12月現在で、大分県4679部、佐賀県765部。

【関連ニュース】
民放連:会長に広瀬・テレビ朝日顧問の3選内定
自民党:機関誌「月刊自由民主」来春休刊 広報戦略転換へ
米国:カリフォルニアの日系紙が休刊へ
訃報:滝井禧夫さん 74歳=元北海道テレビ社長、同相談役、元朝日新聞社取締役

求職者支援の恒久化検討=給付額、対象者を議論-厚労省審議会(時事通信)
別3事件の被害品所持=国内20~30件関与か-香港で起訴の男ら・警察当局(時事通信)
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破-感染研(時事通信)
<明党>参院選・比例代表 太田前代表の擁立見送る方針 衆院選敗北響く(毎日新聞)
首里城花まつり 9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)