第26回織田作之助賞(大阪文学振興会、関西大学、毎日新聞社主催)の受賞作品が9日、発表された。大阪生まれの作家、織田作之助(1913~47)を顕彰するために設けられ、大賞と青春賞が選ばれた。

 関西にかかわる散文の文学、評論などの単行本を対象にした大賞は、ノンフィクション作家、中丸美繪(よしえ)さん(54)=東京都杉並区=の評伝「オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練」(文芸春秋)に決まった。中丸さんは、オペラ歌手、中丸三千繪(みちえ)さんの姉。

 24歳以下の若手を対象に短編小説を全国公募した青春賞には、フリーター、島谷明(本名・中谷亨=あきら)さん(24)=福岡市=の「マニシェの林檎(りんご)」、佳作に、フリーター、木田肇(はじめ)さん(24)=京都市=の「換気扇」が選ばれた。授賞式は2月23日、大阪市中央区の綿業会館で。

 青春賞と青春賞佳作は毎日新聞社ウェブサイトに掲載される。

鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)
チン出し世界配信!36歳男ブログで全裸生活中継(スポーツ報知)
<大雪>西日本の広い範囲で予想 12日夜から13日朝に(毎日新聞)
【中医協】調剤報酬改定、一包化薬調剤料見直しなどが重点項目(医療介護CBニュース)
「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)