石川知裕容疑者が土地購入費4億円の原資について、小沢氏が亡父から相続した金と説明していることが分かった。接見した弁護士が16日、記者団に明らかにした。

【小沢幹事長の対応は】続投表明「地検と断固戦う」

 亡父は小沢佐重喜(さえき)元建設相(68年死去)。弁護士によると、小沢氏は佐重喜氏の相続遺産を小沢氏や妻名義で信託銀行に預け、約10年前、銀行から引き出して小沢氏宅に保管していた。弁護士は「15日、特捜部にこうした説明をし、16日に予定されていた任意聴取で石川議員本人が供述する」と伝えていたという。

 石川議員は16日、東京地裁の拘置質問で容疑を認めたといい、弁護士に「政治家が大きな金を持っていることが分かると良くないと思った。経理処理については小沢氏は知らない」と話しているという。

【関連ニュース】
【鳩山首相の対応は】「潔白信じる」小沢氏の続投了承
【民主党の対応は】石川議員逮捕:報道陣を規制 民主党大会
【石川議員の行動】逮捕前に鈴木宗男氏に涙の電話
【検察の反応】石川議員逮捕:「緊急性あった」…地検特捜部長
【写真で見る】石川議員逮捕 政界に激震

<保育新制度>待機児童解消へ 都がパートタイムの親対象に(毎日新聞)
「来るの遅い」と叱責=受注あいさつに小沢氏秘書-水谷側へ1億円要求・裏献金問題(時事通信)
小沢幹事長宅前でもみ合い=自称右翼団体の男逮捕-警視庁(時事通信)
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<大豆>理研などがゲノム解読 品種改良の効率化に期待(毎日新聞)