岩手県立宮古病院に循環器科医として着任予定だった女が無資格だった事件で、宮古署は19日、医師法違反(名称の使用制限)の疑いで逮捕した大阪市天王寺区、無職一宮輝美容疑者(44)を公印偽造の疑いで再逮捕した。

 盛岡地検宮古支部は同日、医師法違反については処分保留とした。

 発表によると、一宮容疑者は5月上旬頃、印鑑業者に依頼し、行使する目的で、当時の厚生省の大臣印と健康政策局長印を1個ずつ偽造した疑い。

 一宮容疑者は4月30日深夜、病院側の再三の求めに応じ、偽造の医師免許証2通を病院にファクスで送信した。その際には、大臣印や局長印は押されていなかった。

ニセ医師「病院や市民に迷惑かけた」反省の言葉(読売新聞)
パロマ元社長らに判決へ=CO中毒死、無罪主張-湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
<普天間>首相、全国知事会長に会議開催を要請(毎日新聞)
車に振り落とされ男性死亡=侵入男逃走止めようと―2人出頭、逮捕状請求・京都府警(時事通信)
劇場効果もそろそろ限界? 来場者も低調に 事業仕分け第2弾(産経新聞)