食中毒で営業停止処分の期間中に客に料理を提供し、食中毒を発生させたとして、大阪府寝屋川保健所は5日、料理店「香里亭」(寝屋川市香里本通町6の20)を無期限の営業禁止処分にした。

 府によると、3月29日夜、同店を利用した客6人が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、府は4月2日、同店の食事が原因の食中毒と断定、同日1日間の営業停止を命じた。ところが翌3日、「2日昼に親族4人が同店で食事をし、嘔吐や下痢を発症した」と通報があり、処分中の2日に店を営業していたことが判明。63~74歳の男女4人に提供した刺し身などが原因と分かった。

 同店は「予約が入っていて、断りきれなかった」と話しているという。

<防犯カメラ>JR埼京線とりんかい線で増設…痴漢被害多発(毎日新聞)
痛みは「さする」と効果あり 無意識に神経修復 群馬大(産経新聞)
<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)
「春 足踏み」 比叡山雪化粧(産経新聞)
医療政策の転換が必要―医療ツーリズムで開原氏(医療介護CBニュース)