民主党の輿石東参院議員会長は8日の記者会見で、夏の参院選マニフェスト(選挙公約)に関して「財政規律とマニフェストの政策実現のバランスを当然考えていく。公約の優先順位も考えていく必要がある。4年間での約束だから順番があってもいい」と述べた。昨年夏の衆院選マニフェスト(政権公約)に明記した政策について、財政状況に応じ実施時期を見直す考えを示したものだ。

【関連記事】
民主党輿石氏、会延長論に不快感
民主と自民 「中央突破」それぞれの結果
参院選2人擁立 鳩山首相「小沢幹事長の方針」
鳩山首相「中井国家公安委員長の行動は配慮がなかった」
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

有事の核持ち込みで質問状=佐世保市長(時事通信)
平野官房長官、移設案を提示=沖縄知事は拒否明言-普天間(時事通信)
川崎マンション火災 3歳の双子死亡、祖母は重体(毎日新聞)
小6女児にわいせつ行為=大阪まで新幹線で呼び出す-容疑で38歳会社員逮捕(時事通信)
車火災 幼い姉弟4人死亡 駐車中の車燃え 北海道(毎日新聞)