宮内庁は2日午後、天皇陛下が同日午前10時40分ごろ、お住まいの皇居・御所で気分が悪くなられたと発表した。症状は落ち着いているが、大事を取って週末まで御所で静養される。

 陛下は3日から、皇后さまとともに葉山御用邸(神奈川県葉山町)で静養する予定だったが、取りやめられた。

 宮内庁によると、陛下は1月31日から、のどの痛みなどの風邪の症状を訴えられていた。これに加え、2日未明に腹痛を伴う急性腸炎のような症状があり、不眠や脱水症状もみられたという。

 メキシコのカルデロン大統領夫妻と1日に会見するなど、陛下は前日まで通常通り公務を行われていた。

【関連記事】
両陛下、農林水産祭天皇杯受賞者とお会いに
両陛下、交通安全中央大会にご臨席
「歌会始の儀」 両陛下や入選者の歌
両陛下、3年ぶりに大相撲ご観戦
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず

風力発電 環境アセスの対象へ(産経新聞)
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析-状況証拠重ね立件・鳥取県警(時事通信)
車内に缶詰、「疲れ果てた」…新幹線トラブル(読売新聞)
小沢幹事長 再聴取受ける 立件なら辞任示唆(毎日新聞)
元タクシー運転手を殺人で再逮捕 警視庁 (産経新聞)