厚生労働省は30日、国が雇用維持を促すため企業の休業手当を補てんする雇用調整助成金の2月の申請状況を発表した。助成金の対象従業員数は前月比6.9%減の約160万人で、2カ月連続で減少。申請事業所は4.1%減の約7万9700だった。
 また、厚労省は同日、助成金の不正受給を防止するため、実際に休業しているかどうかなど、事業主らへの調査を強化することも明らかにした。休業などを偽る不正事案は2009年4月から今年1月までに52事業所で発覚し、不正受給額は約1億9350万円にも上ったため。 

【関連ニュース】
ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低

男性の育休、進めばメリット(産経新聞)
学習塾小6刺殺、塾に9900万円の賠償命令(読売新聞)
<足利事件>「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒(毎日新聞)
職員の子どもが職場見学=内閣府(時事通信)
【同盟弱体化】第2部 普天間問題(中)すれ違う狙い 普天間5分(産経新聞)