東京地検特捜部は23日、東京弁護士会所属の弁護士、小谷平(67)=東京都千代田区、長男で会社役員、周(あまね)(36)=新宿区、元妻で公認会計士、小谷万里子(59)=千代田区=の3容疑者を所得税法違反(脱税)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、3人は共謀して不動産取引で得た04、05年分の所得計約20億7200万円を隠し、所得税約7億6900万円を免れたとしている。特捜部によると、実際は平容疑者の個人事業だった不動産取引について、多額の繰越欠損金を抱えた多数の赤字会社が取引したかのように装うなどして、所得を大幅に圧縮したという。

 平容疑者は中央大法学部卒業後の71年、弁護士に登録した。万里子容疑者は東京・銀座の不動産会社「虎ノ門住宅販売」社長を務める一方、中小企業を支援する財団法人「商工環境開発センター」(名古屋市)で会長理事も務める。周容疑者も昨年5月まで虎ノ門住宅販売で取締役を務めていた。【三木幸治】

【関連ニュース】
日弁連:「第三者委」でガイドライン
弁護士懲戒処分:銃口向けた写真で「脅迫状」
日弁連会長選:当選基準満たさず 初の再投票に
日弁連会長選:3月10日に再投票、即日開票
調停委員:外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議

<エンダン文庫>母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
<民主党>政調組織「復活しない」…小沢幹事長(毎日新聞)
名古屋ひき逃げ 赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
社員100人超が申告漏れ=所得計20億円、クレディ・スイス日本法人(時事通信)
<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)