「ごめんね、少なくて」

 鳩山由紀夫首相は19日、バンクーバー・パラリンピックで日本勢初の金メダルを獲得した新田佳浩選手(日立システム)に電話した際、国の支援態勢の不備を率直にわびた。首相は「オリンピック、パラリンピックを通じ、首相としてもっとできることがあると感じた」と語り、出場選手から要望を聴く意向も示した。

 新田選手は日本時間の同日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で優勝。首相から祝福の電話を受け「海外選手は高い報酬をもらい、ワールドカップやパラリンピックに懸けている。目の色が違う」と国の支援拡充を訴えた。【山田夢留】

【関連ニュース】
東アジア共同体:5月末にまとめ 首相が指示
鳩山首相:生方氏更迭やむなし「議論は党の中で」
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相
高校無償化:朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請
普天間移設:鳩山首相「県内」強く示唆

<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
医療提供者含む国民の声反映を-温暖化対策基本法案で日医(医療介護CBニュース)
首相動静(3月21日)(時事通信)
<証拠隠滅教唆>証拠品の刃短く、警部補を懲戒処分 警視庁(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)