法務省は20日、凶悪犯罪の公訴時効見直しに関する意見募集の結果を発表した。それによると、約1カ月の募集期間中に寄せられた意見の総数は個人と団体合わせて458件で、「見直しが必要」とする回答は393件に上り、全体の85.8%だった。見直しの方向性に関しては、時効の廃止を支持する意見が多数を占めた。
 同省は意見募集で、時効の廃止、延長、両者の組み合わせなど五つの試案を提示。廃止案は賛成261件、反対25件、廃止と延長の組み合わせ案は賛成84件、反対22件(廃止案との重複回答含む)と、いずれも賛成が大きく上回った。 

【関連ニュース】
時効見直しで5試案=一般から意見募集へ

<夕張>赤字解消30年を24年で 一部事業先送りで短縮(毎日新聞)
事件報道に「不公平感」=平野官房長官、民主調査チームに理解(時事通信)
自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
<公設派遣村>入所者111人が所在不明…東京都(毎日新聞)
保育施設の元園長ら書類送検=うつぶせに寝かせ乳児死亡-山形県警(時事通信)