日本一早咲きのサクラ「カンヒザクラ(寒緋桜)」が沖縄県本部町の八重岳で咲き始めた。町企画商工観光課によると、現在は2、3分咲きで、今年は例年に比べ1週間ほど開花が遅い。見ごろは今月下旬から2月上旬という。

 このサクラは沖縄本島の北部にある八重岳(標高453メートル)山頂から咲き始めて里へ下り、その後に南下。日本列島を北上するソメイヨシノとは逆の特徴を持つ。

 八重岳山頂に通じる4・5キロの道沿いには約7000本のカンヒザクラが植えられており、2月7日まで「本部八重岳桜まつり」が開かれる。

【関連記事】
太宰府天満宮発、東大前行 「受験生応援バス」が出発 
石原さとみ、四季の着物で魅了 「日本の美を愛でる」開催
日本一の産地でサルビア見ごろ
那覇でヒカンザクラ開花 観測史上、最も早く
早咲きのバラがもうすぐ見ごろ 板橋区立赤塚植物園

センター試験、初日終了へ=埼玉5会場で別室受験(時事通信)
県職員を現行犯逮捕=酒気帯びで追突-山梨県警(時事通信)
鳩山首相「きずなが最大の復興理由」=阪神大震災(時事通信)
<掘り出しニュース>県庁トイレに広告いかが? 栃木県が苦肉の策(毎日新聞)
助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)