横浜市は5日、平成16~21年度に計約3億円の不正経理があったと発表した。物品納入と会計処理の時期をずらす「翌年度納入」(約2億6500万円)と「前年度納入」(約1300万円)が大半を占めた。市職員による私的流用はないとしている。

 不正経理の内訳はほかに、取引業者に物品を架空発注して裏金をプールする「預け金」(約620万円)のほか、契約と異なる物品を納入させる「差し替え」(約930万円)などもあった。

 大場茂美副市長は「制度の見直しや職員の意識改革に取り組んでいく」と陳謝した。

【関連記事】
神奈川県警 不正経理は13億1千万円 大半は「預け」 
山口大2学部で不正経理 懲戒や刑事告訴も検討
千葉県警で5億7千万円不正経理
逮捕の町村会長、当選10回の大物 福岡の不正経理事件
農水省で1億円の不正経理 翌年度納入など駆使

【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(中)小沢氏との距離、手探り(産経新聞)
統合医療のプロジェクトチームが初会合(医療介護CBニュース)
トヨタ社長会見の一問一答(時事通信)
「茨城の赤バラかっこいい」…県警エンブレム偽造・販売 容疑の2人逮捕(産経新聞)
「都市型軽費老人ホーム」、4月にも―小規模ホームの参入促す(医療介護CBニュース)