大阪市立咲くやこの花高校(大阪市此花区)は17日、総合学科2年生の女子生徒(17)が5日の保健体育の補習授業でランニング中に倒れ、17日に死亡したと発表した。死因は重症の不整脈という。

 同校によると、女子生徒は5日午前9時半前、学校敷地内の1周約500メートルのコースを走り始めた。約5分後、弁当配達業者が玄関付近で倒れている女子生徒を発見。養護教諭が心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)を使用したが意識は戻らず、救急車で病院に搬送された。

 補習授業は、3キロの持久走を設定タイム内で走れなかった生徒が対象で、保健体育科の30代の女性教諭が監督していた。女子生徒は1周目を走った後、教諭の問いかけに返事をしたが、2周目の途中で倒れたという。倒れていた場所は教諭から死角になっていた。

 女子生徒は、3日に他の生徒5人と補習授業を受ける予定だったが、体調不良を訴え、5日に1人で走っていた。同校によると、持病はなく、2月の耐寒マラソンでは7キロを完走した。

 前川聖樹校長は「重大な事故が発生し、誠に申し訳ない。今後は教諭の目の届く範囲を走らせるようにし、再発防止に努めたい」と謝罪した。

【関連記事】
女子生徒が校舎から飛び降りか 兵庫の高校
調理実習授業で引火、女児が背中に大やけど 堺の小学校
ストーブ消し異臭、児童13人搬送 埼玉・川越の小学校
名古屋の中学トイレでぼや 生徒30人が体調不良訴え
兵庫県西宮市の大手前大で26人が異常訴える 学生が催涙スプレー噴射か

<廃棄輸入義務米>バイオ燃料など有効活用を検討(毎日新聞)
<シャチ>「ナミ」7月デビューへ 名古屋港水族館(毎日新聞)
モノレールのトンネル内、はねられ?男性死亡(読売新聞)
<富士山>山小屋の環境型トイレ故障、汚水垂れ流し(毎日新聞)
<訃報>竹内芳春さん63歳=廣済堂専務(毎日新聞)