元駐米大使、元外務次官の村田良平氏が18日午後2時5分、京都市内の自宅で死去していたことが19日、わかった。80歳だった。

 村田氏は1952年、京都大卒業後に外務省に入省。中近東アフリカ局長などを経て、外務次官、駐米大使、駐独大使などを歴任した。

 退官後は青山学院大学教授などを務め、2008年には「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房)を出版した。昨年6月には、日米間の核持ち込みに関する「密約」に関連し、歴代次官の間で引き継ぎ書が存在したことを明らかにしていた。

<国分寺死体遺棄>監禁容疑で男6人逮捕(毎日新聞)
暴風、関東でけが人=千葉で瞬間38メートル-高波、竜巻など警戒呼び掛け・気象庁(時事通信)
「強権的、独善的」生方氏解任で自民、谷垣総裁(産経新聞)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精-千葉法相(時事通信)
稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示-東京都公安委(時事通信)