2010年05月

<訃報>作詞家の吉岡治さん 「天城越え」などヒット多数(毎日新聞)

 「さざんかの宿」「天城越え」など、数々のヒット曲を送り出した作詞家の吉岡治(よしおか・おさむ)さんが17日、死去した。76歳。葬儀の日取りなどは未定。

 山口県出身。文化学院を卒業後、サトウハチローの門下生を経て、三木鶏郎の「冗談工房」文芸部へ入り、放送作家になった。1965年、作詞家に転身。平易ながらも品格のある言葉で日本人の心を的確に表現する詞を、多くの演歌歌手らに提供した。

 代表作は「真赤な太陽」(美空ひばり)▽「真夜中のギター」(千賀かほる)▽「八月の濡れた砂」(石川セリ)▽「天城越え」(石川さゆり)▽「大阪しぐれ」(都はるみ)▽「さざんかの宿」(大川栄策)▽「細雪」(五木ひろし)▽「命くれない」(瀬川瑛子)▽「越前岬」(川中美幸)など。

 歌謡曲の他にも、野坂昭如さん作詞の「おもちゃのチャチャチャ」の補作や、「光速エスパーの歌」などの作詞も手がけた。

 89年、「好色一代女」で日本レコード大賞作詞賞。日本作詩大賞も3回受賞した。03年、紫綬褒章。日本作詩家協会副会長も務めていた。

<口蹄疫>宮崎牛 希望のエース級種牛6頭 元気に過ごす(毎日新聞)
<八街殺人放火>被害者の車発見 逃走に使用か(毎日新聞)
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査-経産省
ビルからコンクリ落下、女性けが=JR池袋東口―東京(時事通信)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)

便座440台詐取した男を逮捕 転売目的か(産経新聞)

 温水洗浄便座440台をだまし取ったとして、警視庁三鷹署は詐欺の疑いで、東京都東大和市蔵敷、元内装工事請負業、麻生浩基容疑者(43)を逮捕した。同署によると、麻生容疑者は容疑を否認している。

 逮捕容疑は、千代田区内の備品販売会社の男性販売員に「大型マンション全室に取り付ける工事がある」とうその商談を持ちかけ、平成18年7月21日~8月30日の間、計10回にわたり、便座計440台(計1760万円相当)を詐取したとしている。

 同署の調べによると、麻生容疑者はこのうち340台を転売し、売却金は会社の運転資金などに充てていたとみられる。

【関連記事】
世界一のトイレ、料亭…万博・日本産業館が人気
イタリア名家の宮殿で「便器」展 フィレンツェ
“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」
ペコちゃん盗に懲役5年 和歌山「身勝手な動機」
長塚京三、盗まれたのは「テディベア」 台場のホテルで車上荒らし
少子化を止めろ!

<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
中韓、日本近海で行動活発化 鈍い官邸につけ込む(産経新聞)
中小企業憲章の原案公表=経産省(時事通信)
反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
プロフィール

u8rf23qk

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ