第一三共は4月6日、静脈系の血栓による疾病を予防する「エドキサバン」を厚生労働省に承認申請したと発表した。下肢整形外科手術(膝関節全置換術、股関節全置換術)後の患者で、血管(静脈)の血液の流れが悪くなり、そこに血栓が発生することを予防する効果を臨床試験で確認し、申請に至った。欧米ではフェーズ2段階。

 エドキサバンは、血液凝固に関与する因子の中で重要とされる第10因子の働きを抑制し、血栓が形成されるのを防ぐ作用を持つ。同社では、今回の術後の静脈血栓塞栓症(VTE)の予防以外に、現在全世界で、心臓の不整脈に起因した血栓発生による脳卒中などの予防(46か国・約1400施設・1万6500症例)や、VTEの再発防止(40か国・約450施設・7500症例)の効果を確認するためのフェーズ3試験を実施しており、将来の大型新薬候補の一つとなっている。


【関連記事】
抗凝固薬アリクストラに急性肺血栓塞栓症などの効能追加申請―GSK
エドキサバンが術後静脈血栓塞栓症の予防で標準薬と同等の効果―第一三共
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)
第一三共が中期経営計画を策定
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立

「彼女を迎えに行くため」信号無視でひき逃げ 男逮捕(産経新聞)
東方神起が活動休止(時事通信)
完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
<雑記帳>サッカーW杯…FIFA公認の世界地図(毎日新聞)
水道管耐震化34%、ライフライン確保に課題(読売新聞)