兵庫県尼崎市で2005年4月、乗客106人が死亡したJR西日本の福知山線脱線事故で、検察審査会の起訴議決を受け、検察官役を務める指定弁護士は23日、同社の井手正敬元会長(75)ら歴代社長3人を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅起訴した。
 神戸地検は3人を不起訴としたが、神戸第1検察審査会が今年3月、検察審査会法に基づき法的強制力を持つ起訴議決をしていた。強制起訴は兵庫県明石市の歩道橋事故に続き2例目。
 地検が同罪で在宅起訴した前社長山崎正夫被告(66)と合わせ、歴代4社長が法廷で刑事責任を問われることになった。 

【関連ニュース】
【特集】JR福知山線脱線事故5年
〔用語解説〕「明石歩道橋事故」
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
「時間足りず報告書事前入手」=漏えい検証チームにJR西幹部
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け

JR西の歴代3社長を強制起訴 福知山線脱線106人死亡事故(産経新聞)
「桟橋方式」軸に調整へ=現行案修正、名護市長は拒絶-普天間(時事通信)
<命のメッセージ展>東京・日野市の廃校で常設展(毎日新聞)
牛6頭、口蹄疫の疑い=宮崎県内で2例目(時事通信)
<警察庁長官狙撃>アレフが違反調査請願(毎日新聞)